日本バプテスト同盟
戸塚キリスト教会
〒245-0061 横浜市戸塚区汲沢1−24−9
Tel.&Fax. 045-881-0032
       
spacer

 

ホーム

牧師・協力教師

交通・地図

先週までの講壇

講壇写真


2001年の講壇 2002年の講壇 2003年の講壇 2004年の講壇 2005年の講壇
2006年の講壇 2007年の講壇 2008年の講壇 2009年の講壇 2010年の講壇
2011年の講壇 2012年の講壇 2013年の講壇 2014年の講壇 2015年の講壇
2016年の講壇 2017年の講壇

1月21日 神との繋がりに生きる

アモス書 7章1節〜17節 阪井牧師

 ユダヤの中心エルサレムより北のガリラヤ地方でイエスの福音宣教が始まり、主告白はさらに北方のフィリポカイサリアへの旅先であった。「バルヨナ・シモン」は<シモン・ペトロ>とイエスから呼ばれるのはその時から。そして聖霊降臨のすぐ後、エルサレムの群衆の前でペトロは、「この方こそ救い主」と声を張り上げた(ペトロの説教)。そこに旧約聖書(ヨエル3:1)を引用をした。「〜若者は幻を見、老人は夢を見る。〜」と。それは幻覚や自己の願いではなく、神の意志が示される霊的な事柄である。示されたアモスは特別な人とでも、力ある分けでも無い。神の働きかけがその人に起きたのだ。第一の幻は<いなご>による牧草被害の裁きである。家畜の餌が欠乏、そのため飼う者の生活が行き詰まる。第二の幻は<焼き尽くす火>による神の裁きである。神は世界を創造し、終わらせることのできる方であることを示している。第三の幻の裁きは<下げ振り>が真ん中に下ろされるのだ。<下げ振り>はアモスである。神がその糸の端を握っている。ベテルの祭司アマツヤは北の王に報告し、権限を行使してアモスへの言葉は当然だ。秩序を維持する側の務めである。しかし、アモスは実に冷静な反応をしている。南の農夫似すぎない人が、北の祭司に向かって「今、主の言葉を聞け」には驚く。神に根拠を持つ<生き方、歩き方>は挑戦的な脅しにも動じていない。信仰者の場合も同じで、本人の実力では無い。主に繋がる自覚信仰に動じない根拠があることを想う。

1月14日 立つべき一点

ヨハネによる福音書 1章29節〜34節 阪井牧師

 降誕節後第3主日となるこの日、ヨハネが証人として登場する記事を学ぶ。その詳細はヨハネ福音書1章に「神から遣わされ」、「光について証し」する人で、「彼は光ではなく」「すべての人が信じるようになるため」とある。その当時、人々の関心<メシア待望>が高まっていた中で、ヨハネは<悔い改めのバプテスマ>運動をしていた。神の国の民になるこの<しるし>をユダヤ人以外だけならまだしも、既にその約束を受けているユダヤ人にも迫るものだった。政治と宗教の主導者たちは、これを看過できず、ヨハネに「あなたは誰?」を問わせた。「メシアでもエリヤでもなく、あの預言者でもない」との返事に対して、改めて「それなら、なぜバプテスマを授けるのか」を問うた。これはヨルダン川の向こう側ベタニアでのこと。その翌日、ヨハネはイエスが来られるのを見て、「見よ、世の罪を取り除く神の小羊、わたしの後から来られる、わたしにまさる、わたしより先におられた」と言ったのはこの方のことである、と。「この方こそ神の子である」と証ししている。証しをする人として神に遣わされたヨハネはその務めに徹する。自分の主張や能力或いは経験からの証人の務めでは無い。人の世の評価や情況の好機ゆえの証しでは無い。どのような時にも、主から遣わされた者としの務めに就いている。私どもの場合も同様であろう。能力や経験が主に遣わされる理由では無い。主の霊がともに働いて用いられることにある。栄光を喜び、用いられたい。

1月7日 扉は開かれている

詩編 19章2節〜15節 阪井牧師

 「世の光」としてイエス・キリストの誕生を喜び祝ったクリスマスでした。その方を探してマタイ福音書は東方からの博士たちが、ルカ福音書は野宿している羊飼いたちは捜し出し礼拝した。これは旧約イザヤ8にある言葉の実現だとの説明「暗闇に…大きな光」の表現を意識する。救いから外れ、遙かに遠くにいるはずの人々のほうが、<確実に救いに与れると自負する>ユダヤの人々より早く、救い主(キリスト)に出会ったことを物語っている。詩編19は、「神の栄光」がすでに示されていることを歌う。<神=主の栄光とは何か>を考える。出エジプト記33:19に、モーセが「どうか、あなたの栄光をお示し下さい」と訴え、対して「わたしはあなたの前にすべてのわたしの善い賜物を通らせ、あなたの前に主という名を宣言する。わたしは恵もうとする者を恵み、憐れもうとする者を憐れむ」。さらに「あなたはわたしの顔を見ることはできない。〜わたしの顔を見て、なお生きていることはできない」との記事がある。これは、主の栄光を人が求め、探し出すのではなく、すでに示されていることを意味する。自然の天体、律法(恵み・憐れみ)を通してすでに示されているのだ、と。イエスの誕生はそのことを受け取る恵みの時である。思想、知識、能力の事柄ではなく、神に「いのち」を与えられ、「生かされている」事実を受け取ることから自分の「人としての歩み」が始まる。前に進むことができる。方向さえ間違わなければである。


ホームページへ戻る

新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation
       (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988


(C)日本バプテスト同盟 戸塚キリスト教会 2001-2014